記事一覧

tシャツの作り方

レディ

ロングサイズゆえの注意点

通常のtシャツを作るのと違い、ロングtシャツはそのサイズならではの制作時の注意点があります。たとえば長さがあるので、重量があるような生地は使ってはいけません。これは着ていて重いからというだけでなく、布が伸びてしまうことがあるからです。特に重量がある生地を洗濯時に干すと、水分が加わったことでさらに伸びてしまうことがあります。また静電気がおこりにくい生地を使うことも大切です。ロングtシャツで静電気がおこると、身体にまとわりついて歩行困難なことになりかねません。そうならないように生地に使われている繊維の情報をよくチェックして、静電気がおきにくいものを選ぶようにしましょう。あとは毛羽立ちにい素材であることも必要になります。毛羽立ちや毛玉ができやすいと、ろくに袖を通せずお蔵入りしてしまいかねません。さらに張り感やとろみなど、流行に合わせた要素を取り入れると外着に使えます。他にも着る人間の好みに合わせて選べるように、カラーやサイズのバリエーションが豊富であればいうことがありません。このようにロングtシャツを作る時は、素材に使う生地が大きなウェイトを占めます。そのため、取り扱っている素材の種類が豊富で選びやすいことを第一に選びましょう。これ以外では印刷のクオリティはもちろん、値段の安さや納期が早いにこしたことはありません。これらの要素を総合的に比較してみて、もっともいい条件でロングtシャツを作ってくれる業者を探しましょう。

Copyright© 2018 ロングtシャツは通販購入がおすすめ【豊富な在庫が揃っている】 All Rights Reserved.